ホーム > クラブの歴史

クラブの歴史

浜野ゴルフクラブの沿革

昭和36年12月 元国連大使澤田廉三氏が国際親善事業を目的に株式会社国際友情倶楽部設立した。
昭和40年1月 澤田氏は世界の樹木の植栽を行い、用地買収を進めていたが、この頃資金難から中断された。
昭和40頃 ゴルフ場の経営目的として山一證券株式会社の子会社、山一エンタープライズ株式会社が全株取得した模様である。
昭和50年 18ホールに変更してゴルフ場建設を千葉県に申請した。
昭和58年3月 株式会社日東興業が全株式を取得、その子会社となる。
昭和58年9月 縁故募集に続き第1次募集開始、その後第二2次、第3次募集を行なう。
当初の募集条件では、最終会員数を1530名とするとされた。
昭和59年12月 ゴルフ場正式オープン。
以後日東興業の看板コースとしてハイレベルなゴルフ場経営で注目された。
昭和61年10月 第4回富士通レディーストーナメントを開催した。(優勝者樋口久子)
以後同トーナメントは第15回(平成9年)まで連続して毎年当ゴルフ場で開催され、数々の名勝負が繰り広げられた。
昭和62年7月 第55回日本プロゴルフ選手権大会を開催した。(優勝者デビッド・イシイ)
以後、平成5年関東オープンゴルフ選手権競技大会、平成7年、8年日米大学対抗ゴルフ選手権の各大会を開催した。
平成9年12月 親会社の日東興業株式会社が東京地裁に和議手続き開始の申し立てを行い倒産した。
平成10年3月 ゴルフ場の安定的利用が害される恐れを抱いた有志会員が「浜野ゴルフクラブの再建を考える会」を結成した。
平成11年8月 「考える会」のメンバーが中心となって、会社による根抵当権の設定および債務弁済協定の締結が会員(預託金債権者)に対する詐害行為に当たるとして、日東興業およびあさひ銀行を被告として東京地裁に詐害行為取消訴訟を提起した。
平成11年11月 「考える会」により、会社について会社更生手続き開始を東京地裁に申し立てた。本申し立ては日東興業支援を目的としたゴールドマン・サックス証券会社のスポンサー契約締結を受けて平成14年3月に棄却されたため、東京地裁に即時抗告を実施した。
平成13年11月 親会社日東興業はゴールドマン・サックス証券会社との間で、和議条件を基本とする日東興業グループ再建の支援を目的として、「日東興業グループ再建のための本契約書」を締結。
平成14年7月 国際友情倶楽部は日東興業グループ11社と共に民事再生手続き開始の申し立て。
同8月2日に開始決定。
平成15年2月 東京地裁が国際友情倶楽部について会社更生手続き開始を決定した。
平成15年9月 東京地裁は詐害行為を認定し、弁済協定による会社の負債を否定したものの、根抵当権についてわずか一筆の土地についてのみ否認する内容の判決を下す。原告・被告ともに控訴し裁判は東京高裁へ上告された。
平成16年10月 東京高裁は全ての根抵当権を否認する判決を下し、ゴールドマン・サックス側の上告を棄却。同社側は最高裁に上告した。
平成17年11月 最高裁はゴールドマン・サックス側の上告を棄却し、国際友情倶楽部(浜野GC)再建に当たっての最大の障害は排除された。
平成18年4月 更生計画案は圧倒的多数で支持されて認可され、その後に即時抗告も実施されなかったため、同年6月1日を以って完全に成立され、完全株主会員制によるゴルフ場として再建の道を歩み始めた。
平成21年12月 開場25周年記念行事を開催。多くの会員によって盛大に行われた。
ページの先頭へ